猫ピタ 使い方

猫ピタの使い方

 

 

 

猫ピタの使用方法を教えるヒヨコ

最も重要なこと。

 

それは、猫ピタを猫のオシッコがある場所まで届かせる。ということです。

 

たとえばソファーやカーペットにオシッコしてしまった場合は、そのオシッコと同じくらいの量の猫ピタをその場所にかけるということです。

 

×マーク
ソファーの表面だけにスプレーしても臭いを消すことが出来ません。

 

猫ピタは猫のオシッコの成分を微生物群が分解することにより、消臭します。ですので、オシッコがあるところまで猫ピタが届かないと臭いを消すことができません。

 

 

粗相された場所がわかっている場合

 

 

 

オシッコやスプレーを雑巾やティッシュペーパーで拭き取っ後に、猫ピタを水道水で10倍に薄めてスプレーしてください。

 

約1時間放置した後、別の雑巾で拭き取って下さい。

 

 

 

部屋全体が臭う場合の対処法

 

 

 

この場合は、思わぬところに粗相やスプレーをされてしまっている可能性があります。

 

ですので、20倍〜30倍に薄めた猫ピタで、お部屋全体をモップがけして下さい。また、壁の一部や、家具の上、TV台の後ろ等も粗相することがあるので、可能性がある場所は、すべてモップがけすることをおすすめします。

 

 

 

洋服やタオルなどに粗相された場合

 

 

 

猫ピタを20倍に薄めた液に洋服を6時間くらい浸けてから、普通に洗濯して下さい。または、お風呂場などで、オシッコをされた部分だけスプレーしておいていたいても大丈夫です。

 

 

 

外(お庭等)でも使えます。

 

 

 

外にいる猫

お庭の種類 消臭効果・持続期間
土・芝生

消臭効果が平均3ヶ月以上持続します。
(実績、2週間〜1年半)

 

※効果が持続しにくい条件(微生物が棲みつけない場合)

  • 水はけが悪い(微生物が呼吸が出来なくなる為)
  • 土質が砂や粘土質
  • 除草剤などの農薬や、キッチンハイターなどの化学物質をすでにまいてしまっている場合
コンクリート・アスファルト

臭いは消せますが、効果が持続するのは3日〜1週間程度とお考え下さい。(微生物が棲みつくことが出来ないので)

 

臭いが気になる都度、散布して下さい。

 

砂利・人工芝

×効果を持続できません。(オシッコをするたびに微生物が下に流されてしまうので、その都度臭ってしまいます。)

 

敷き砂利や人工芝を撤去して、土の状態にしてからのご利用をおすすめします。

 

※ご注意
残念ですが、庭が敷き砂利や人工芝の場合は効果を持続することが出来ません。その場合は大変申し訳ありませんがお役にたてませんので、お申し込みをお控え下さいますようお願い致します。

 

 

お申し込みボタン

 

お電話でのお申し込みは、

027−283−5678

株式会社 クラウド

(平日9:00−18:00)

 

 

>>猫ピタ公式サイトのトップページに戻る